FC2ブログ

 
硝子のハンマー 前編。
大雨で服がずぶ濡れ。

台風スゴイですね。皆さまもお気を付けて…。


全然話しは変わりますが、今年はケンタッキーの大野くんのCMなかったのねん。





鍵のかかった部屋 第10話 榎本さんニットがそろそろ暑くないかい?の巻。














ニット&作業服なんてどんだけ寒がりなの~ん♪てな話し。

いえね、今回は2012年6月11日から事件は始まるんですよね。

先週の事件は6月21日設定。(防犯カメラの日付)

どんだけ事件抱えてるのよ、榎本さん!

で、今回の事件のほうが日が前ってことはいったい…。

榎本さんがニット着てるっていったい何月設定なんだよ?と思わなかったら気がつかなかったんだけど…。

う~ん、まあいいか。

このあたりも今後の展開にいろいろ関係あるのかしら…。



と、考え込んでいたら、出た!

榎本さんのお得意出た!

社長さんが 「どうやって?」と聞くもんだから

ドヤ顔榎本さんが真ん中に飛び出てきたじゃないですか!


そんでもって語る。


それは エレベーターの暗証番号というのは最大で4桁使える番号は1~9の9つだけつまり9の4乗で6561通りということになりますがもし使われている4つの数字を特定出来れば可能な順列は4×3×2のわずか24通りになりますこのフロアに上がるための番号は2、3、4の数字の組合せでありどれか一つの数字を二度使っていることになりますから例えば2、2、3、4の場合順列は4×3の12通り2、3、3、4や2、3、4、4の場合も同様ですから合計36通りこれくらいなら全部試しみてもたいした手間はありません


たいした手間だったぞ!! 入力してみると!

すご過ぎる!

落ち着いた語り口。

なぜかナナメになって凛々しく立ってる全身。

まったく動かない瞳。

当たり前だけどこんなにすごいものを暗記したものを放出してるのでもなく、

芝居してるでもなく、

現実に榎本さんが居てうっかり知識見せびらかせちゃった風にそこに居るからすご過ぎる!

もうラスト2話なので記念に入力してみたくなるほどの素晴らしさ。

入力してる途中一時停止すると榎本さんのつやつや唇がドアップになっちゃってドキドキがハンパないほどの素晴らしさ。


「こんなの余裕です」 ってか?!


ドヤ顔なのにこんなにまろやかなお顔の人がこの世に居るんですね~。

美し過ぎる…。



っていうか!

榎本さん!あんなに冒頭ドヤ顔満載だったのにキョドり過ぎっす!

パソコン画面を見るために青砥さんのお顔が近づき、ほんのりキョドる榎本さん。

目がチロって。

喉仏ドクって。

可愛過ぎるだろー!

そんでもって、 「はい」  が棒読みMAX!!

渋くて凛々しいお顔と棒読みのギャップがたまら~ん!

榎本さん逃げちゃダメだ!耐えるんだ!

模型に話しを変えてる場合じゃないよ!

はぁ~ん、今日のお楽しみはここまでか~。

榎本さんは青砥さんとドギマギのときは棒読みになるのね♪



そして、榎本さんの悲しい過去。

鴻野刑事に過去を暴露?された榎本さん。

セキュリティシステムを設置したお宅に盗難事件が起こったんですね。

疑われ、何度も警察から事情聴取されたり、同僚からも疑われ交流を一切断ち倉庫室にこもる。。。。

悲し過ぎる…。


密室事件に関わるようになってから、

青砥さん、芹沢さんと交流を持ち信頼関係を築きあげたり、

頼りにされたり、

感心されたり、

動じなくて、強くて、知識豊富で、とにかく毎回カッコよく活躍してる榎本さんと

過去に肩身の狭い思いをして小さくなってる榎本さん。


この落差がどうにもこうにも悲し過ぎて悲し過ぎて。


大野くんのナナメ下をジーッと見てる視線とほんのり丸まった背中

悲しさが漂い過ぎて泣けてきそうないきおいっす!

絶妙なしょんぼり加減!

絶妙な哀愁感!


立ってるだけなのにこんなに悲しさと淋しさを漂わせるってあなたは悲しみ界のプリンスなの?!

立ってるだけで泣かせるってどんだけ?!


うう…、この場面今までの榎本さんがあまりにも鮮やかに謎解きしてカッコ良過ぎたので

どうにもこうにも悲しくなってしまいました。



原作を読んでいないのでどうなるのかわかりませんが、

な~んかニオウよね~。

そんなことで警察連れて行かれるか?とか

警察から情報もらってたりしてなかったっけ?とか とか!

来週はいよいよ千秋先輩(結構好きだった)登場ですね。

楽しみ~。だけど終わるのサミシイ~。

以上でーす!



いつも拍手ありがとうございますっ 
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2012/06/19 23:55】 | 鍵のかかった部屋 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |