FC2ブログ

 
念力集中ピキピキドカーンッ!
今日で楽しかった『映画怪物くん』も公開から2ヶ月。

まだ上映しているにはしているけど、ほとんど行くのが難しい時間だけになってしまいました。

サミシイ…。

大野くんのファンになってから、映画を見るたびに

「ああ、こんな大きなスクリーンで大野くん見てみてぇ」

などと毎回思っていたのがようやく叶った、映画怪物くん。

たとえ姿は怪物でも、たとえ可愛いお顔が変顔してても

大野くんの顔が約3メートル(私見積り)ほどのデカさで見られる喜び。

っていうか、怪物くんがカ~ワエエ~!

モーレツ幸せだったよ~! (まだ終わってないけど)


というわけで、いまさらちっく満載ではございますが、

映画鑑賞の感想。観賞の環境の感想も含みます。





まず大好きなのがオープニング。

はっきり言って、オープニングで私の興奮度はMAXを迎えます。 早っ。

あの怪しげ~な始まりの音楽、 ズンチャッチャッチャ…♪ ってやつ。

華やかにドバッと始まらずに、地味~にしんみり怪しさ満載で始まる感じがもう好み!好み!

ぬるっと始まる感じが怪物くんというか大野くんにぴったり!(ごめんなさい)

これからどんな怪しい出来事が繰り広げられるのかしら…、と期待高まる!

そんでもって劇場で大野くんにお会い出来た喜びに静かにじっとり胸が熱くなる!

ズンチャッチャッチャ…♪で涙こらえてる人ってたぶん劇場内私だけだよっ。

3Dメガネがあってよかった~。涙を隠せます(笑)



なぜだか、ツボって仕方ない場面。

メインどころのシーンももちろん好きだけど、

細かすぎて伝えにく~いけどいつもウキウキ待ってしまう場面。


●なんちゃら軍とエイエイオーしてるピラリをさらいに行くときのドラゴンに乗ってる怪物くんの顔

めちゃくちゃウキウキな顔で得意げにニヤニヤしてるのが大爆笑!
しかも遠くから来る映像なので、ちょっぴりポケポケなのがこれまた笑える…。

●ピラリの名前を聞いて 「変な名前~!」ってウヒョウヒョする怪物くん。

今どきの子供だってこんな言い方しないよってなくらいのウヒョウヒョな怪物くん可愛すぎるだろ~。
ここ不思議とお子様方がちっとも笑わないのが不思議。

●ピラリを助けるために洞窟?を抜け出すときに外が見えて「光だ!」と言う怪物くん。

ここモーレツツボです。「光だ!」の声が怪物くんではなくて、
かなり渋め大人路線の大野くんの声になっとります。
この声がかっこいいのなんのって。この四文字を聞くために劇場に通っていると言っても過言ではない!(過言だと思うけど)

などなど、細かいところもツボ満載でございました。


そしてなんといってもすごかったのは 大噴火!

モーレツびっくり!!

「ええーーーっ!うそでしょ!?」とちょいと二宮くんばりにツッコミたくなるんだけど、

「うりゃぁぁぁぁぁぁーーーーーーーっ」のあの必死な声を聞くとなぜか涙が出そうになるという。

がんばれーっ、つって。

心の中、応援の嵐、つって。

大噴火したあとの怪物さんの満足げな鼻息もいいっ!

「ふ~っ」がいいっ!

ああ、ああ、なるほどね、これが念力集中ピキピキドカーンッなのね、と、

涙うるうるさせながら、ちょっとニヤニヤ笑っちゃう場面でございました。


二回目に映画を見たとき、ここのシーンでおもしろいことが起こりました。

怪物くんが「さん、にぃ、いちー」で念力集中しているときシートがブルブル震えまして。

一緒に見てた友達が「最近の映画すごいね、シートも連動するんだね」とおっしゃる。

「え!そんな最新設備ある?」と思ってよ~く確認したら、

友達の隣に座っていたお子様が興奮のあまり自分も念力集中してブルブル震えていたのであった。

大爆笑!

隣の隣の私にまで震えが伝わるほど、お子様に念力集中させる怪物くんすげーっ!

お子様がピキピキドカーンッしなくて良かったけど(笑)


あと、大噴火以外でお子様シリーズでおもしろかったのが、『みんなで復唱の巻』

これはすごかった。

その回はかなり興奮型のお子様が多い回で笑い声もにぎやか。

興奮もMAXに到達したかというころから始まりました。怪物くんのセリフの復唱。

怪物くん 「うるさーーーい!」
お子様たち 「うるさーーーーーい!!」

怪物くん 「ヒロシィィ!」
お子様たち 「ヒロシーーーーー!!」

怪物くん 「おまえのほうがちんちくりんだぞー!」
お子様たち 「ちんちくりーーーん!!」

これは面白かった。

ちなみに仲良しさんで声を合わせてるのではなくて劇場内にちらばってるお子様が、

いろんな場所から声をあわせて言っております。

すごい連帯感! 軽くコール&レスポンス!?


映画怪物くんは普段映画を見に行っても味わえないいろんな体験をいたしました。

楽しげな雰囲気大野くんにも見てもらいたかったなぁ。


そして、そして、この映画の感動ポインツがラストにございますね。

Monster♪の音楽とともに 出演者等の名前が出てくるエンドロール!

一番最初に、

大野智 (怪物くん) ってーーーーっ! ←当たり前だけど

ここでもうっかり泣きそうになる。

大野くんを先頭にこの先ズラーーーッと共演者、スタッフ、関係者、協力会社等々が続いて行くかと思うと、

大野くんが立派過ぎて、かっこよすぎて、泣いたほうがいいような気がする。

大野くんが打ち上げで関係者様への「感謝の気持ち」で号泣したという話を思い出して、

さらに大泣きしておいたほうがいいような気になる。

映画館に来る途中、うっかりWISH♪のシークレットトークを聞いてしまい、花男再現がグダグダだった大野くんが

「ダメだな。だから俺らドラマの話しがこないんだ」と言ってたのを思い出して

そのときの大野くんにこの姿をお見せしたい気持ちで、さらに号泣しておいたほうが良い気になる。


素晴らしすぎるよ~。 思い出しただけで今でも泣ける…。ような気がする。

こんなステキな映画作ってくれて私も感謝でございました。(急に締めた)

ストーリーに関係ないところで泣き過ぎ…。


話が飛び飛びになってしまいましたが、そんな感じでした~。

大野くんの素晴らしすぎる初主演映画の感想がこんなでよいのか…。

この映画(ドラマも含め)音楽もすごく好きだったなぁ。


というわけで、大野くん!楽しい映画をありがとう!

また近いうちにスクリーンで大野くんに会えますように…。



いつも拍手ありがとうございますっ 
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2012/01/26 01:51】 | 3D映画怪物くん | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |