FC2ブログ

 
渋谷にカエル!?
一応会社行ったけど、何曜日なのかさっぱりわからなくなっています…。



ひみつの嵐ちゃんを観ました!







今回は山コンビ。

オープニングの大野くんのちんまり具合がさっそく好き。

ゲストのお二人さん登場!の華々しい場面でカメラにガッツリお尻むけてる人発見!!

大野くん!!何ゴソゴソやってるの?(笑)

ゲストさんをお迎えするためシートベルトをお直ししてるんですね!

そんなシーンをカットすることなく入れてくれたスタッフさんありがとー!

そんでもって、そのゴソゴソくんなんですけどね、

ゲストさんとのトークで左端で小さく縮こまっているのがどうにもこうにも…。

アンナさんが真ん中で足ガッパリなのに対して、大野くんの左端のちんまり具合の対比がどうにもこうにも…。

大野くんのこーいう感じが大好きなんですよねぇ。

それにしても、どちらにしろ大野くんは事前打合せナシで臨んでいるのに、

前回の大宮さんより大野くんのぐだり感が無い気がするのはなぜだろ…。

回を重ねる毎にぐだるならわかるけど、初回が最高にグダグダって、まったく(笑)

でもそれが、大野ブランド!

ロイヤルキャスター櫻井くんのきびきび進行のおかげでもある。(でも二宮くんのおもしろ司会も好き)




そして、そして、出ました!

ボクシング大野くんがかっけぇ~!!

ワン・ツーの力強さ!

あまりにもパンチの音が良い音過ぎて自分の音に自分で驚くのはお約束。

その驚き顔がかわええのなんのって!

ふわわわぁ~んと広がるふにゃ笑顔がかわええのなんのって!

パンチの力強さとふにゃ笑顔のギャップがいい!!

そんでもって、キックがこれまた!

その高く伸びた足!軸足のブレなさ!足を上げる早さ!

軽やか過ぎではないですか?!

華麗過ぎではないですか?!

足をシュッと上げただけで、華麗ってどういうこと?

これは 舞 ですよ! 舞!!

この美し過ぎる舞を見て、

一瞬大野くんが 湿原で羽根を広げて美しく舞い踊る タンチョウヅルに見えました。

特別天然記念物っっ!!

記念物級の美しさっっ!!

褒めすぎではないはず!

このあとの、"子供のケンカ"なスパーリングは面白すぎた(笑)


で、で! どうにもこーにもツボった場面!

緊急MISSION! 渋谷マルイの櫻井くんの看板と記念写真!

「ヤベ ヤベ ヤベ ヤベ」と言いながらも、シュタシュタと歩く大野くんがかっけぇ~!

いつもはのっそりなのに外ではシュッシュッと歩くのがかっけぇ~!

横断歩道でカートを避けるためシュッと軽やかに足を上げるのもかっけぇ~!

やっぱり、一般人にはないオーラをムンムンに放っている!!

普段はほっこりムード満点な山コンビなのにこの高貴なオーラはなんなんだ!?


男の人に「あぶない」と言われて、

「危ないね、ありがとうございます!」と気軽にお話ししちゃう大野くんカッコよすぎじゃないですか?!

ちょっぴり、おっさん風。

でもでも、そんなところが雑貨屋店員さん等と仲良くなって食事に行ってしまう大野くんの気さくさなのか~。

とってもステキ。


そんでもって、最大のツボ!

櫻井くんをカメラに収めるために、地べたに這いつくばる大野くんがーーーーっ!

国民的スーパーアイドル嵐のリーダー 大野くんが渋谷の地べたに這いつくばってますぜ!

それだけでも、なかなかの貴重映像なのに、

より良いアングルに収めるために首を地面に着きそうなほど曲げたまま、

ピョーンッ!

ピョーンッ!

二度もピョーンッ!をご披露!

渋谷のど真ん中にカエルが居ますぜー!

美しすぎるカエルですけども。

以前大野くんはキツイ体勢で撮った写真のほうが良い写真になるとおっしゃってましたが、

まさかこんなところでもより良い写真を撮影しようとしてたんですか?

どんだけアーティスト!!



出来上がった写真を見て大爆笑。

櫻井くん、あんなところでそんなおもしろ顔して写真撮られてたの~っ!

全然恥ずかしそうじゃないんですけどぉ~!

ああ、かわいい♪

それにしても、時間が何時くらいかわからないけど二人の周りにあまり人が集まってないように見えました。

そんなものなんでしょうか…。

私ならガッツリ見ちゃうけどーーー!!


そんな嵐ちゃんでした~!





冨永さんをなぜだか自宅の目の前で目撃したことがあります。

見たことない素晴らしいバランスのお体を二度見…、いや三度見しました!

何度見ても信じられなかったんですよねぇ…。



いつも拍手ありがとうございますっ 
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2011/05/06 19:59】 | 嵐にしやがれ | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
| ホーム |