でっかーく、ゆっくーり
先日、大野くんのお誕生日会に向けていろいろ切り抜きを探していた時に、雑誌の山から新聞が出てきました!

余談ですが、大野くんのファンになって約1年3ヶ月…。
今まで雑誌の整理を一度もしたことがないため毎日雑誌の雪崩状態です。
したがって、新聞もクリッピングしたものではなくて、そのまんまで出てきました(笑)
あ~、情けない…。

あ、何が見つかったかというと、
昨年のちょうど今頃11月の4週に渡って朝日新聞夕刊で連載された大野くんのコラムです。


これって確か、関東もしくは東日本限定?だった気がします。
内容は聞いたことある話しがほとんどなのですが、
「このことを知らないぞぃ!」とか「ちょっと興味があるわぃ!」な方にちょっぴり内容を書きますと…。

●第1週 2008年11月5日
「素の自分をさらけ出せ」

ドラゴンボールの模写から絵を描き始めた話。
ダンスに夢中になって絵から離れたときもあったけど、京都でまた描き始めた話。
自分と作品の印象が違うと言われる話。

●第2週 2008年11月12日
「フィギュア100本ノック」

リアルが好きでフィギュアを始めた話。
黄色い涙の頃に100体作ろうって決めた話。

●第3週 2008年11月19日
「自由に描いた感情の形」

個展を開きたいと事務所に言った話。
タツノオトシゴの絵の話。

●第4週 2008年11月26日(←誕生日!)
「好きと向き合って」

個展初日や開く準備までの話。
才能ってわからない、好きだから必死だと言う話。
画家の伊藤若冲の話。


端折り過ぎでごめんなさい。

1年ぶりに読んでみて、改めて大野くんの素晴らしさを再確認!

そして、ちょっと驚いた話が、第3週のタツノオトシゴの話の中にありました。

こういうタツノオトシゴみたいな絵をいつかもう一回やる!
もっとでっかーく、ゆっくーり、描く!
色も塗る!

とおっしゃっておりました!

すごい!!
最近、よくラジオや雑誌で言ってることじゃないですか!

有言実行の男!
ゆっくーり、なところまで有言実行だ(笑)

大野くん!いや、先生!いや、巨匠!
やっぱり、カッコイイ!

すごく忙しいのだし、プライベートな趣味のことなんだから、
別に言ったこと守らなくたって誰も責めないのに…。
だけど、ちゃ~んとやっちゃうんですよねぇ。
ホントに尊敬です。

個展もまた開いてくれたら嬉しいけど、
まずは大野くんが楽しんで絵を描いてくれればいいなと思います。
個展の為に描くことになっては、仕事みたいになってしまいますもんね。

そんな、1年前のコラムの話でしたぁ。


そうそう、このコラムが決まったとき、ちょうど魔王が終わって淋しかったので、大野くんのソロ活動が嬉しかったのを覚えています。
でも何かとちょこちょこいろいろ決まって、嵐さんファンて暇にはならないのね…と思ったのもこの頃。
このあとドラマ「歌のおにいさん」が決まってさらに浮かれたんですよねぇ。

2009年は更に、忙しさを実感した年になりました…。

ハッ…、まだ一年を振り返るには早かった!

それにしても時間が経つのは早いですね。


いつも拍手ありがとうございますっ 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/11/30 00:43】 | 雑誌 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ