FC2ブログ

 
嵐、1980-2009
感動したっ!

ぴあのことです。

ここから先はぴあの内容に思いっきりふれてます…。


これを夜中に読んではいけません!
泣きます…
あ、夜中じゃなくても泣きますね…。

最初、「ARASHI STORY 1980-2009」と書いてあるのを見て、ちょっと「あら?」と思ったのですが、まさか生まれたところからだったとは!

1980年11月26日…、一番最初に生まれた大野くんの誕生から話しが始まるのですが、誕生エピソードが書いてある12ページだけで、じっくり読み&想像をしつこい程繰り返し、
ページの3分の1ほどなのに15分も使ってしまいました…。

5人がそれぞれ関東各地にポコッ、ポコッと生まれて子供時代を過ごしているのを想像しただけで満足し、「あ~もう読まなくてもいいや」と思うくらい感動してしまったんです。
生まれただけでは嵐も結成出来ないし、私も5人に出会うことが出来ないので先に進んだんですけどね(笑)

5人それぞれの男の子らしい子供時代エピソードにほっこりし、
時には子供の頃に受けた影響が今に繋がっていることに嬉しくなり…。

読み進めていくうちに「えっ5人はいつ出会うの?もう少しで出会えるの?」などと
推理小説を読んでいるかのようにドキドキしてくるのです。

Jr.時代や嵐結成から数年のいろいろな活躍はもちろん私はリアルタイム見ていないです。
でもこうやってインタビューで本人達の話しから想像して、見たことがあるような気分になれて良かった。

いろいろなことがあったみたいだけど、この5人で良かったなぁ。
私も今ファンになれて良かったなぁ。

そう改めて思えるロングインタビューでした。
何かのときに何度も読み返したいと思いました。

そうそう、このインタビューのなかの大野くんのコメントはいつでも大らか…。
リーダーらしい貫録もあり、温かい気持ちにもなり…。

そして、このコメントが…。

「今なら、喜んでくれるひとりのために歌えるし、踊れるよ」

大野くん、やっぱりステキ!

私のために歌い、踊ってくれるところ想像しちゃった

ごめんなさい…。



いつも拍手ありがとうございますっ
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

【2009/08/10 01:41】 | 雑誌 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |